TITLE: お知らせ

2014.05.19 Monday

CAV-000ディレクター平田です。
久しぶりにブログに向き合っています。

2006年からブランドをスタートさせ、好きなバイクを街で乗り回るにふさわしい服作りを
したいという想いから真剣にものづくりに取り組んできました。

それから、2014年現在までさまざまな人達と出会い、沢山の刺激を受け、時代と共に
社会も自分の取り巻く環境も変わりました。

特にオーガニックコットンとの出会いは大きな影響を与えられ、ブランドを大きく左右するものとなりました。

様々な葛藤の中でブランドを続けてきましたが、今回一度CAV-000というブランドを休止し
一から組み立て直してみたいという結論に至りました。
従って、2014AWの展示会は今回はお休みさせて頂き、しばらく再構築に向けて
充電させて頂きたいと思っております。

沢山のお客様、バイヤー様には長い間大変お世話になりました。
また、一緒にものづくりを支えて下さった工場の方々にも大変感謝しております。

新たにスタートを切った暁にはまた皆さんにご連絡差し上げられたらと思っております。

ありがとうございました。

しばらくはOrganicallyを中心に制作の活動は続けて参ります。
オーガニックコットンを使用した出産祝いとして好評を得ております。
定番のインナーなどはメンズ、レディース共に続けて行くつもりです。
直営ショップはOrganicallyを中心に運営して参りますので、そちらも期待して頂きたいと思います。

CAV-000 Director
平田


 

TITLE: SUMMER SALE

2012.07.06 Friday

 七夕の7月7日(土)13:00から、フラッグショップではSUMMER SALEを開催致します。

初夏を楽しむ、これからすぐ着れるアイテムがプライスダウン↓

天気の良い日はテラス席で休憩しながら、お買い物を楽しみに是非来て下さい。

お待ちしております。









TITLE: パリ紀行<その4>

2011.11.02 Wednesday

 パリの蚤の市では有名なクリニャンクールにも一応行っておきました。
観光客も多いので、面白いものがたくさんあるのですが値段が結構高めです。
しかし、ちょっと探したいものがあったので一日をここで過ごしました。
それぞれの店の店主達はやる気があるんだか無いんだか。
みんな、店の前に椅子を出して、本を読んだり、ランチを食べたりで日本では考えられない風景ですが、ここではしっくりきています。

なるべく早く、パリ中心部に戻りたかったのですが、結局夕方遅くにクリニャンクールを出ました。

その日はホームステイ先を出て、サンジェルマン・デ・プレのホテルに移動。
その後、ようやく夕飯に出ました。日曜日だったこともありあまり遅くまでやっている店が無いのですが、ホテルの隣の店が偶然にも、映画ギャルソンの舞台になった老舗のブラッスリーリップで、12時過ぎまでやっていました。
店内の雰囲気も良く、ウエイターの品も良く、料理も間違い無く、いい店でした。

TITLE: パリ紀行<その3>

2011.10.31 Monday

 先週で、2012SSの展示会が無事に終わりました。
落ち着いたので、パリ出張の報告の続きをしたいと思います。

今回のパリ出張は2012SSのデザインソースを探すこととともに、アンティークボタンを仕入れることも大きな目的でした。

そのため、パリ内のいろいろなところを探しまわる途中、パリNo.1のアンティークボタンコレクターに出会いました。
それは本当に偶然の出会いでした。
彼はとても気さくで、自宅に招かれ大量のコレクションを披露してくれました。
想像以上のコレクションの数で大変興味深く、ボタンの魅力に引き込まれてしまいました。

地下は全てボタンのストックで、細かく素材や年代で分かれ、整理されていました。
どれも1900年から1930年代のボタンが中心で、僕の好きな岡本太郎もヨーロッパのボタンのデザインに影響されていたことが伺えました。
年代や素材など、興味をもったボタンについてこと細かく彼は説明してくれました。

彼の家に行く前は昼過ぎには帰るつもりだったのですが、朝から行って、ランチをごちそうになり午後もみっちりボタンを選んでいたら、取引が終了したのが20時を回っていました。

本当に、すばらしい出会いとなりました。


仕入れて来たボタンはショップで販売しています。
是非、見に来てみて下さい。

TITLE: パリ紀行<その2>

2011.10.16 Sunday

パリでの朝食はこのパン屋でお世話になった。
マレ地区にある、おいしいと評判の店。

パリ滞在中の大半が、マレ地区からバスティーユ、パリ郊外の東側にいました。
観光客があまり来ないエリアを歩いた。
オペラ座周辺などとは違って、多国籍な雰囲気を味わえる。
こじんまりとした、面白い店が点在している。

毎日、足が棒になるほどかなりの距離を歩いて回った。





TITLE: パリ紀行<その1>

2011.10.15 Saturday


今年の夏、パリへ
2012Sprign Summerのデザインソース探しに行きました。

この旅の報告をしたいと思っていましたが、このではいろいろなものを見るのに
夢中で、写真をほとんど撮っていませんでした。
あまり、良い写真がありませんが、少しでもお伝えしようと思います。

滞在中は、パリ中心から少し外れたジャスマンに住む友人の家にお世話になりました。

友人に頼まれ、ペヤングソース焼きそばをお土産に持って行きました。
フランス料理を満喫しているかと思いきや、フランス料理は飽き飽きしており、
やはり日本の素朴な味が1番だそうです。

パリは地球温暖化の影響か普段より暑く感じました。

初日は生地屋街で有名なモンマルトル周辺を立ち寄りました。
モンマルトルは日本で言う、日暮里の生地屋街のような場所。
日本の生地とは違い、カラフルな色彩と独特な素材感の生地等があったが
レディース向けのものが多く、特に惹かれるものは無かった。




TITLE: 当たりました!

2011.05.29 Sunday

  今日、スタイリストのアシスタントさんからの差し入れで、ガリガリ君を頂きました。
しかも、当たっちゃいました。

正直、嬉しかったです。しかし、こんなところで運を使ってしまうとは。

久しぶりのガリガリ君、かなりの冷却能力で今年の夏の節電アイテムとなりそうです。
ガリガリ君

TITLE: 2011-12 Autumn & Winter Collection

2011.05.28 Saturday

 先週、2011-12 AWの展示会が終了しました。
今回は今までになく、早め早めに動けたので、じっくり作り込めた気がしています。
遠方から足を運んで頂いたバイヤーの方々、ありがとうございました。
2011-12aw1
2011-12aw2




TITLE: Taro

2011.05.10 Tuesday

GW終盤、 岡本太郎生誕100周年の記念展に行きました。


かなり混雑しており、岡本太郎氏の人気を改めて感じました。

展示内容は川崎のミュージアムに展示されているものがほとんどでしたが、楽しめました。

出口では「太郎のことば」をおみくじ的に引くことができ、引いたのはこれ。

また、記念のガチャガチャもあり大行列でしたが並んでみました。


TITLE: チャリティーTシャツ

2011.05.08 Sunday

久々のブログ更新ですみません。
こちらのブログで新たに更新して行きます。

まず、改めてましてご挨拶させて頂きます。
この度の東北地方太平洋沖地震と津波、原発により被災された方々に
心からのお見舞いを申し上げます。
被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

今までCAV-000ではオーガニックコットンの製品も販売してきました。
その背景もあり、日本オーガニックコットン流通機構より被災された化学物質過敏症の
方々を支援するチャリティーに協力させて頂きました。

また、石巻にゆかりのある友人の呼びかけにより、チャリティーTシャツに
も協力させて頂きました。
これは、Tシャツの売上げや義援金のすべてで車や物資を直接被災地へ送るというものです。
なぜ直接物資を届けるかというと、義援金等が被災者に届くには時間がかかるし
多くのボランティア団体は細かい経費や役員報酬なども出しているそうで、被災者に
100%届かないことがあるという現実があるからです。

チャリティーTシャツはFlagShopで販売しております。
近日中にWEB SHOPでも販売する予定です。
よろしくお願いします。
チャリティーTシャツ
Walk